水素水は人だけではなく猫にも効果がある

猫に水素水を与えよう~食欲不振の改善に役立つ水素水の力~

  • TOP
  • >
  • 水素水で健康に

飲み水のせいで食欲が下がる?~猫が喜ぶ水のあげ方~

猫の食欲不振の原因には、環境の変化の他に水が関係していることがあります。水の味が悪いと、猫は水を飲まなくなるでしょう。その結果、水分不足が影響し、食欲不振に陥ることがあります。また、水の成分が原因で体調不良を起こしている可能性も考えられるのです。

猫が他の場所にある水を飲んでいませんか?

差し出した手は、まず匂いを嗅いで確かめる習性があることから解るように、猫は匂いに敏感な生き物です。そのため、水道水のカルキ臭さが苦手な場合、猫は水を飲まなくなる傾向があります。その結果、お湯によってカルキが抜けてしまったお風呂の水や、観葉植物の受け皿の水しか飲まなくなることは珍しくありません。これらで体調を崩す事はほとんどありませんが、お風呂場の石鹸を舐めたり受け皿に貯まった解けた肥料や土を舐めてしまい、体調を崩す可能性があるので注意が必要です。

水道水を与えるなら「カルキ抜き」をしよう

もし、猫が水道水のカルキを嫌がるようなら、カルキ抜きをしてあげましょう。カルキが嫌いかどうかを判断する方法としては、水飲み場の水を一切飲んでいなかったらカルキを嫌がっている証拠になります。

汲み置き
カルキを抜く手段としてお手頃なのが、日光に当ててカルキ抜きをすることです。3リットル程度ならば半日もあればカルキ抜きができます。なお、容器は密閉せずに空気に触れさせましょう。このほうが最も手間がかからず済みます。しかし、水飲み場に水がないと猫が困るため、切らさないようにできるだけ前もってカルキ抜きした水を準備しておく必要があります。
ペットボトル
水道水をペットボトルに入れておくことで、水全体に日光が当たりカルキ抜きが効率的に行なえます。他にも、冷蔵庫に入れて三日間放置すればそれだけでカルキ抜きができるのです。飲み水をずっと外に出しっぱなしというのに抵抗がある場合は、こちらの方が衛生的かもしれません。なお、ペットボトルを使って行なう方法なので、ストックも容易にできるのがポイントです。
沸騰
最も手っ取り早い手段が、煮沸です。カルキは沸騰させることによって除去することができます。前述したように、猫がお風呂場の水を飲もうとするのはカルキ臭さがほとんどないことが原因だからです。注意点としては、沸騰した場合すぐに火を止めず、10分間ほどは沸騰させ続けないといけないということです。そうしないとカルキが完全に抜けないばかりか、トリハロメタンという有害物質が発生する恐れがあるでしょう。

カルキを抜いても効果が無い時

カルキ抜きをした水でも気に入らない場合、いっその事水道水ではなく、水素水に変えてみましょう。水素水というのは、人の体内の活性酸素を取り除く効果があるとして一躍知られているお水ですが、この効果は人だけではなく、犬猫にも効果があります。そのため、獣医も推奨していることが多く、実際に犬や猫に水素水を飲み水として用意している家庭は少なくありません。

実は多い!猫に水素水をあげている人達

前述したように、犬や猫に飲み水として水素水を導入している家庭は多いです。ここでは、そんな水素水を使用している家庭の声を聴いてみましょう。

老猫に水素水を与えたら食欲が戻ったんです。(40代/会社員/男性)

うちの猫はもうすぐ10歳という高齢で、最近では食事量も減ってきていました。「これはもう先が長くないかな」としんみりしていた所、水素水で食欲回復という話を聞いていたので試してみることに。すると、驚くほどごくごくと水を飲み、食欲も以前に比べればだいぶ改善されたんです。どうやら高齢のため食欲がなくなっていたのではなく、単にお水が嫌いだっただけのようです。とても安心しました!

飲み水を水道水から水素水に変えてみました。(30代/美容師/女性)

最近食べるご飯の量が減っていたので不安に思い、獣医さんに相談しました。すると、「水素水を飲ませることは人間と同じように体にいいよ」というアドバイスを貰ったので、早速実践。ちょうど私が飲まなくなった水素水のボトルのストックがたっぷりあったのでそれを使うことに。水の味が気に入ったのかすごく美味そうに飲み、それに伴い食欲も回復しました。

猫の食欲改善を目指すなら清潔感にもこだわる

もっと根本的な解決策として、お皿をきれいに洗うことが挙げられます。汚いお皿というのは雑菌がわきやすく、その影響で食欲不振になっている可能性があるのです。よって、水素水やご飯を与える前に、まず食器を清潔にしてあげましょう。お湯で洗って消毒をし、きちんと乾燥させれば雑菌はわきにくくなります。

何をしても食欲が回復しない時~動物病院で原因を探る~

診察を受ける猫

個人でできることには限界があります。もし、絶食して一日以上経過した場合は、お医者さんに相談した方が確実かつ安全に治すことができます。私達人間が具合悪くなったら医者を頼るように、動物の調子が良くない時は、動物病院で治療をしていきましょう。

飲み水や餌を変えても食欲が戻らない

食欲不振の原因が、環境、食事、水でないのならば、病気の可能性を疑いましょう。特に、食欲の低下以外にも毛並みが悪くなったり、便が柔らかかったりといった異常のサインを出している場合、一刻も早く病院に行き、獣医さんに診てもらったほうが良いです。早ければ早いほど完治も早くなるので、治療に時間がかかる可能性が少なくなります。

猫がかかりやすい病気

猫は繊細な動物であり、病気になりやすいです。そのため、猫がかかりやすい病気を知っておくと必要な判断がしやすくなります。

エサを変えたり水を変えたりしても猫の食欲が戻りません。
膵炎や食道炎といった臓器が、炎症を起こしている可能性があります。動くのを嫌がったり、下痢をしたりしている場合は膵炎、よだれが多く体が痩せ始めているなら食道炎を疑いましょう。早期発見早期治療を行なうことで命にかかわる恐れはほとんどないため、すぐに受診して獣医の指示に従い治療を始めるといいです。

食欲が戻らない猫に出来る事

前述しましたが、猫は人と話すことはできません。よって、飼い主が猫の体調を察知し、面倒を見る必要があります。特に食欲不振はきちんと見る必要があり、丸一日食事をしていないのなら大急ぎで病院へ連れて行ってあげましょう。また、動物病院に連れて行く際には持ち運びができるケージに入れ、恐怖心を和らげてあげるといいです。

TOPボタン

Copyright©2017 猫の食欲が改善できる!飲み水を水素水に変えることで得られる効果 All Rights Reserved.